かるい、熱を伝えすぎない、口あたりが柔らかい、使うほどに艶を増す。漆のうつわを使いだして以来、日々さまざまに使い勝手の良さを楽しんでいます。このたび、「漆の国」岩手にあって、漆塗りを育てる大切な役目を担っている、安比塗漆器工房、ならびに工房で学んだ漆塗りたちの仕事が一堂に揃います。どうぞご覧いただき、お手に触れ、身近に用いていただけますと幸いです。詳細はこちら»