けやきタイムス

第三回 坂本創 展

【アート・芸術】

若き陶工の作陶展が開催されます。

日程: 3月24日(火)-4月 5日(日)

11:00-19:30
※28・29日は作り手在店。会期中は休みません

会場
&
連絡先:
工藝風向 [MAP]

Tel:092-716-5173

http://foucaultplus.org/

この一年で、彼の仕事は静けさを増した。地味になったということではない。 模様という意味においては、刷毛目ひとつとっても、より鮮やかになった。 もちろん、無地になったということでもない。意図的に無地とするのもやはり、無地という柄を被せているに過ぎない。仕事がこなれてきた、ということだ。

この数年、自分を出し切る仕事をし尽くしたからこそ、「我」を出す欲は後退し、むしろ、仕事の調子に自分を合わせる心地よさに身を任せている趣がある。

完成は付加すべき何ものもなくなったときではなく、
除去すべき何ものもなくなったときに達せられる *

と言うにはまだ早いけれど、仕事の羅針は確実にそこを目指している。

今年もまた、若き陶工の仕事が届きます。静かな仕事に深く沈んで行こうとする強い力、受け止めて戴ければと、願います。

http://foucaultplus.org/post/112564532058/3-24-4-5

第三回 坂本創 展
撮影: 重松美佐(STM)

update: Wednesday, March 4, 2015