けやきタイムス

安比塗を楽しむ

【アート・芸術】

かるい、熱を伝えすぎない、口あたりが柔らかい、使うほどに艶を増す。漆のうつわを使いだして以来、日々さまざまに使い勝手の良さを楽しんでいます。このたび、「漆の国」岩手にあって、漆塗りを育てる大切な役目を担っている、安比塗漆器工房、ならびに工房で学んだ漆塗りたちの仕事が一堂に揃います。どうぞご覧いただき、お手に触れ、身近に用いていただけますと幸いです。

日程: 2月14日(火)-2月26日(日)

11:00-19:30 ※会期中は休みません

会場
&
連絡先:
工藝風向 [MAP]

Tel:092-716-5173

http://foucault.tumblr.com/

【関連企画】安比塗でいただく冬のごはん (料理・井口和泉 お話・日野明子)

漆のお椀がもつ口あたりのやわらかさや軽やかさを、 井口和泉さんのあたたかな料理と共に楽しむ会です。ひとり問屋・日野明子さんによる漆にまつわるスライドトークもあります。

【 日時 】2月18日(土) 13時〜 18時〜
【 定員 】各回8人限定
【 会費 】6,000円(安比塗の小皿のお土産つき)
【 会場 】工藝風向・別室(中央区赤坂)

お申込は工藝風向(092-716-5173)まで、お電話でお願いいたします。

安比塗を楽しむ

update: Tuesday, February 14, 2017